胸を残すのに効果的な運動は?

胸は残してスリムになろう!

メジャー

 

運動して痩せたいけど胸が小さくなってしまうんじゃないか。
そんな不安を持っていませんか?
確かに胸が減りやすい運動もあります。
だけど知識を持って運動すれば、避けられることです!

 

ここでは、比較的胸が減りにくいダイエットをご紹介します!
胸は残したままメリハリボディを手にいれましょう♪

 

運動ダイエットで胸が無くなる理由

スポーツブラの女性

 

運動するとき、あなたはどんなブラジャーをしていますか?
え?普通のブラジャー?

 

そのままだと胸が痩せてしまいますよ!

 

胸が揺れると、他の部分の脂肪よりも余分に胸の脂肪が燃焼してしまいます。
そうすると体重は減るかもしれませんが、胸の脂肪だけ減ったということにもなりかねません。

 

胸が揺れるような運動を続けると、胸が垂れる原因にもなります!
胸は「クーパー靭帯」という靭帯で支えられています。
このクーパー靭帯、ある程度の伸縮性はあるものの、ゴムのように伸び縮みするようなものではありません。
激しい運動をすると切れたり伸びたりしてしまうのです。
しかも2度と元には戻らないのです!

 

胸は揺れに弱いので、運動をするときは普通のブラジャーではなくスポーツブラを使うようにしましょう!
揺れを軽減できるので、ストレスなく運動ができます。

 

胸をキープ!おすすめの運動ダイエット

胸を残すには、「胸を揺らさない!」というのがとても重要になってきます。
それでは、胸を残すためにはどんな運動をするのがいいのでしょうか?
オススメをご紹介します♪

 

  • ウォーキング
  • 全身が痩せる有酸素運動です。
    ジョギングやランニングだと胸が揺れる可能性がありますが、ウォーキングならその心配なし!
    姿勢を正して歩くことで効果もUPしますよ♪
    ウォーキングは胸が小さくならずに痩せる!?

     

  • 水泳
  • 水泳は有酸素運動の中でも消費カロリーが多い運動です。
    腕を動かす泳ぎ方が多いので、自然と大胸筋が鍛えられます。
    しかも水の中だと浮力があるので、胸への負担が少ない運動なのです。
    水泳は胸を残して痩せられるらしい。それってホント?

     

  • 腕立て伏せ
  • 胸の土台である「大胸筋」を鍛える効果があります。
    二の腕のたるみが気になる方にも効果があります。

     

  • ヨガ
  • 血行をよくしたり、筋肉を増やしたり、身体の内側から綺麗にしてくれます。
    ストレス解消にもなります。
    バストアップのポーズもあるので、メニューの中に取り入れたいですね。

     

  • サイクリング
  • 自転車を漕ぐのは、立派な有酸素運動になります。
    地面からの衝撃を直接受けるジョギングやランニングと違って胸が揺れにくい上に、体力がなくても続けやすい運動です。
    上半身の筋肉を意識して自転車に乗ると、大胸筋のトレーニングにもなりますよ♪

 

 

毎日コツコツ。それがキレイになる秘訣!

ダイエット

 

オススメのダイエット法を見て、ゆるい運動が多いので本当に痩せられるか不安に思ったかもしれません。
だけど正しい方法で、毎日継続して続けることで、確実に効果があります!

 

憧れのスタイルを手に入れるためにも、焦らずに取り組んでくださいね。

 

胸を残したままスリムな身体になる方法はこちら