胸はそのままで痩せる3つのポイント

ダイエットで胸を小さくしないために!3つのポイント

ポイント

 

スラッと痩せた身体、引き締まったお腹。
そこに大きな胸があれば、完璧!ですよね。

 

だけどダイエットをすると胸が減ってしまいます。
綺麗に痩せても胸が小さくなってしまったら悲しいですよね。

 

そんな悲劇を生まないためにも!
ここでは胸をキープをしながら、ダイエットを成功させるポイントをお伝えします♪

 

 

1.胸が揺れる運動は絶対にしない!

胸は脂肪のかたまりなので、胸が揺れるような運動(ジョギングやランニング、縄跳び)は胸が小さくなりやすいです。
しかも胸が揺れることによって、胸を支えている「クーパー靭帯」が切れたり伸びちゃうことも!

 

このクーパー靭帯、一度切れたり伸びたりすると、元の状態には戻ってくれません。
そうなると胸の支えが無くなった状態なので、垂れや型崩れの原因になってしまうのです。

 

運動をするなら、ヨガやウォーキングなど胸が揺れないようなものや、部分痩せするようなエクササイズや筋トレがおすすめです!
胸の揺れを最小限に抑えるためにも、スポーツブラがあるといいですね。

 

 

2.食事制限はせず、バランスよく食べる!

極端な食事制限は、胸を作る栄養素が足りなくなって胸を減らす原因になってしまいます。

 

特にダイエットで嫌われがちの肉や魚などの「たんぱく質」ですが、胸を維持するにはとっても大切な栄養素です!
脂身の多いお肉は避けて、低カロリーの鶏ささみ肉に置き換えたりしましょう。

 

炭水化物抜きダイエットも脳の働きが悪くなって女性ホルモンの分泌が減る原因になってしまいます。

 

適量に抑えることは大切ですが、胸を残したいのなら減らし過ぎないように注意してくださいね。
食事は適量をバランスよく!が重要です。

 

 

3.ダイエットとバストアップを同時に行う!

上で挙げた2つを意識してダイエットしたとしても、どうしても胸は減りやすいです。
胸を残すためにもダイエットだけじゃなく、バストアップを意識するのがオススメです。

 

バストアップの方法としては、こんなものがあります。
ダイエットの合間に取り入れていきたいですね!

  • 女性ホルモンUPに繋がる食品を摂取する
  • 大胸筋を鍛える
  • バストアップマッサージをする
  • 女性ホルモンの分泌を促すツボをおす
  • バストアップサプリを飲む

 

胸を残してダイエットはできる!

理想は胸の大きさはそのままで、体重を減らしたり、気になる部分のお肉を減らすことですよね。
難しいことですが、それでも不可能ではありません

 

上でお伝えした3つのポイントに気をつけて、ダイエットをしてみてください。
そうすれば胸が減るのは最小限に抑えられるはずですよ。

 

胸だけはそのままでダイエットを成功させる方法はこちら