ダイエットを始める前に。胸から減るのはこんな理由

ダイエットをしても胸は残したい!

理想のスタイル

 

痩せたい部分じゃなくて、胸が小さくなった!
ダイエットに挑む女性にとっての最大の敵です。
憧れのメリハリボディのためにも、できるだけ残したいですよね。

 

残念ながら胸は脂肪のかたまりなので、ある程度は減っても仕方ない部分もあります。
だけど必要以上に減らすことはありません!

 

胸を減らさないためにも原因を知って対策をしましょう!!!

 

胸から痩せるのはどんな理由?

胸は脂肪のかたまりって言いますよね。
では、実際はどんなつくりになっているのでしょうか。
乳房断面図
図のように、胸は土台として大胸筋があって、その上に脂肪や乳腺があります。
胸は乳腺を覆うように脂肪があって、乳腺1割に対して脂肪が9割となっています。
乳腺の数が多いほど、守ってくれる脂肪も多くなるので、大きな胸になるという特徴があります。

 

胸は、心臓に近いことから暖かくて燃焼しやすい脂肪です。
そのため痩せたい部分が減るより先に、胸が無くなってしまうということがあるのです。

 

 

運動で胸が痩せる理由

運動系のダイエットは少なからず胸が揺れるので、その振動がプラスされて痩せやすい状態になってしまいます。
減らしたいのは太ももやお腹の脂肪なのに、どうして!と思いますよね。
全身が痩せるような有酸素運動でバランスよく痩せたけれど、特に胸が減ってしまったというような声もあります。

 

 

食事制限で胸が痩せる理由

食事制限のダイエットの場合は、全身の脂肪と一緒に胸も燃焼されてしまいます。
それ以外に、たんぱく質をカットしたことで大胸筋が弱ってサイズダウンに繋がることがあります。
極端に食事を制限した結果、胸の大きさをキープするために必要な女性ホルモンの分泌も減ってしまって、胸が小さくなってしまったということもあります。

 

胸を残す方法はないの?

では、胸を減らさないためにはどうしたらいいのでしょうか?
運動もダメ、食事制限もダメとなると、ダイエットができないと感じるかもしれません。
別の記事で、胸を残したまま痩せるためのポイントを書いてますので、そちらを確認してみてくださいね。

 

胸はそのままで痩せる3つのポイント